インフルエンザでも飲める薬

インフルエンザが流行り出しました。

インフルエンザの時、疑いのある時に
避けた方がいい市販薬があります

なぜか?

インフルエンザ脳症やライ症候群を起こす可能性があるからです

色々成分がどうとかこうとかありますが
おぼえれないので
避けた方がいい市販薬として覚えておくことにしました
有名なところでは
*ロキソニン(ロキソプロフェン)
*イブ(イブプロフェン)
*ボルタレン(ジクロフェナク)
*バファリンA(アスピリン)
...などなどです

わかってはいても
なかなか熱が酷くて病院まで行けない時はあります

そんな時の対処療法として服用できるものは
アセトアミノフェンという成分の薬です

病院や薬局で処方される薬ではカロナールがあります

受診した際に少し多めに処方してもらえるなら
処方してもらってると安心できますね
家族分位はストックしておきたい…

無理な時は市販薬で、ですね

ここでは覚えやすいように1択で
アセトアミノフェンが主成分の市販薬ご紹介します

<小児向け>
小児用バファリンCⅡ (3才~15才未満)
▶︎小児用バファリンC? (3才~15才未満)
バファリンルナJ (7才以上)
▶︎バファリンルナJ (7才以上)
ノーシンAc (7歳以上)
▶︎matsukiyo ノーシンAc 24錠
▶︎matsukiyo ノーシンAc 48錠

<15歳以上の方向け>
タイレノールA (15歳以上)
▶︎タイレノールA (15歳以上)
ラックル速溶錠 (15歳以上)
▶︎ラックル速溶錠 (15歳以上)

防げるところはキチンと防いで
悪化しないように気をつけたいですね

我が家も家族(子供)がそれぞれ
勝手に市販薬を飲むようになるまでは
特に気にしなかったのですが
大人になっても安全な頭痛薬はコレだと
迷わなくてすむように
今からすりこみ作戦?で常備薬にしました